振袖にも個性を出す時代

現在は振り袖に合わせる、いろいろな草履が出ています。前撮り撮影会など比較的どんな草履でも許される場所では、革の草履などを持ってきてもかわいいです。結婚式や成人式などある程度フォーマルさが要求される場所では、ちゃんとした草履を用意する必要が出てきます。
西洋風のファッションを振り袖に取り込んだ斬新なアレンジが今は人気があります。完全な和装である振り袖にレザーのグローブを合わせたり、小ぶりなハットと杖を振り袖に組み合わせたり、斬新な試みがされています。ヘアスタイルにもいろいろな装飾が施されているのです。

人生で初めて振り袖を身に付ける人は、巾着にするかバッグにするかで迷うと思いますがどうでしょう?通常は和装用のバッグだと考えておきましょう。巾着と言うアイテムは浴衣などカジュアルな和装の時に似合う小道具です。ただし成人式や卒業式、結婚式など正式な場面でないのなら、巾着でも最近は大丈夫みたいです。
定番の柄なので、定番の振袖は長期間着られることが良いところと言えるでしょう。それに比べて今風の振袖はかなりはでやかな印象を出すことができますが、どうやってもその時代の特色のある感じが出ることになるということで、長く使用するということを考えればスタンダードなものを選んだ方がいいかと思います。
女子の顔がいろいろあるようにその女性に似合う振り袖も千差万別あります。背丈、顔の肉付き、肌の色、髪の毛、髪の色などと振り袖はいろいろなポイントに影響を受ける和装です。実際専門知識の無い人には手に負えない問題なので、その道のプロのアドバイザーと何度も相談をしながら決めるしか方法はありません。とにかくその道のプロの意見を仰ぎましょう。

生まれて初めて振り袖を着る女性は振り袖の下にどんなインナーを身に付けるのか全く知らない人が多いです。普通はブラもキャミソールも全て着ては駄目です。肌襦袢というインナーの一種を肌の上に身に付けて、その上にいろいろな着物を重ねていくのです。パンティー以外は他は全裸が普通です。
可愛らしい現代風の振袖が最近では販売されていて、成人式でそのような振袖を着たい女の子もたくさんいると思うのですが、なにも現代風の振袖を新しく買わなくても親からもらった着物を手直しして可愛く変身させるやり方もあるということを認識しておくといいと思います。近頃では手直ししてくれる業者は数多くあります。
前もって自分自身がどんな振り袖を身に付けたいのか、振り袖のカタログ集を取り寄せてざっと眺め回してみると話が早くなります。そのうち自分自身のお気に入りの振り袖が分かってきます。今度は実際に専門店に出向いて似ている雰囲気の振り袖を着てみるといいです。プロのスタッフの意見や考えも参考にしてください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*